当院について / 治療について

なるべく抜かず、目立たず、歯に優しく
イースマイルなら、お応えできるかもしれません

イースマイルが最も得意としてきたMOOテクニックによる非抜歯矯正治療
精密に口腔内データをスキャンするiTeroElementを用いて製作するマウスピース型矯正装置
細胞を活性化するフォトバイオモジュレーション

抜かない

臼歯立て直す
MOOフィロソフィー

臼歯は歯ならびを決める大黒柱。歯ならびの悪い状態のほとんどで、この臼歯が手前や内側に傾いています。筋肉のバランスをとりながら臼歯を立て直すことで、幅の広い、円い、安定した歯ならびになり、多くの場合で小臼歯を抜く必要がなくなるのです。

* 有本博英. 広い・円いアーチフォーム – CADテクニックとの出会い -. 矯正臨床ジャーナル 1996;12(8):83-86.

目立たない

まさに進化の途上にあるマウスピース型矯正治療

ほとんど目立たず、食事も写真も気にする必要なく、歯磨きもフロスも普通にできる。iTero Elementによる精密スキャンとフルデジタルセットアップによって、近年急速に進化しつつあるマウスピース型矯正装置(インビザライン・薬機法対象外)を矯正専門医がデザインします。

細胞を活性化させながら歯を動かす

フォトバイオモジュレーション × マウスピース型矯正装置

イースマイルのマウスピース型矯正装置はインビザライン(薬機法対象外)を採用しています。インビザライン(薬機法対象外)は歯の動きを1枚あたり0.25mm以下に設定できるので、ワイヤー矯正のような痛みを感じることはまずありません。さらに近赤外線による口腔内フォトバイオモジュレーション治療を組み合わせ、細胞の働きを活性化させつつ歯を動かすことができます。東京・ドイツ・フランス・アメリカ・台湾・香港・シンガポールなどの学会で講演に招待された治療法です。