Oral Powerが日本を変える

2017.01.29

インフルエンザ予防には、朝起きてすぐの歯磨きを!

_J0A3993
こんにちは、有本博英です。

今の時期、子供が家に帰ってくると、「手ぇ、洗いや!」と叫んでいるお母さんも多いはず。そう、風邪やインフルエンザの予防ですね。

今年もインフルエンザが猛威をふるい、学級閉鎖のところも出ているようです。
うちの息子もちゃんとA型にかかり(汗)、しばらくお部屋で隔離されておりました(今は治りました)。

インフルエンザは、ウイルスが(1)体内に入って、(2)感染する、ことで発症します。
それを防ぐためには、(1)体内に入れない、(2)感染させない、ことです。

手洗いやマスク着用などは(1)体内に入れないための対策ですね。
では、(2)感染させない対策には何をすればいいのでしょうか?

インフルエンザウイルスを細胞とくっつかせなければいいんです。

インフルエンザウイルスは、そのままでは細胞にくっつくことができません。
くっつくためにはウイルスの表面にあるHAという物質が活性化されている必要があります。
このHAを活性化する物質(プロテアーゼ)は、口の中の細菌が出すのです!

つまり、口の中の細菌が少なければ、インフルエンザウイルスが活性化されにくい、つまり、感染しにくいということです。

そして、口の中の細菌が一番多くなるのが、朝起きた時。
なぜなら、寝ているときは唾液の出る量が少なくなり、唾液による抗菌作用が低下するためです。

朝起きた時の口の中の細菌量はスプーン一杯のウンチと同じくらいとも言われています。
それらの出すプロテアーゼを減らし、喉や気道でウイルスを活性化させないようにすることこそ、インフルエンザウイルスを(2)感染させない対策、です。

つまり、朝起きてすぐ、朝ごはん前にしっかり歯磨きをすること。これがとっても効果があるのです。

老人ホームなどで、この朝起きてすぐ歯磨きを励行したところ、インフルエンザ発症率が1/10になったとか、インフルエンザにかかった人の10人のうち、朝歯磨きをしていたのは1人だけだったとかいう報告があります。

朝起きてすぐの歯磨き、朝ごはん前の歯磨き、徹底してやってみてください。
もちろん”歯磨き=歯ブラシ+フロス”で。

あ、その前に、徹底的に口の中を綺麗にしておくというのも大切ですね。
そのためにはプロによるクリーニングをどうぞ。
イースマイルでも衛生士が拡大鏡を使ってみっちりクリーニングさせていただきます。ではでは。


_J0A3757

プロフィール

有本博英

医療法人イースマイル矯正歯科 院長

有本博英

スタッフBlogもどうぞ。 E-Smile, E-Life.

検索

最新の記事

人気の記事

カテゴリー

タグ

初診コンサルテーションのお申し込みはこちら

ページ先頭へ
スマートフォン用サイトを見る