E-Smile, E-Life.

2017.02.04

予防の基礎知識について

みなさん、こんにちは。

歯科衛生士の松尾です。

 

”予防の基礎知識45”が公開されました。

今回はみなさんに舌磨きについて知ってもらいたいと思います。

 

自分の舌を鏡で見て白っぽいものが付着していませんか?

舌には舌苔と呼ばれる苔が付着していて、それは虫歯や歯周病の原因菌から出来ています。

では、たくさん付着している人少ない人の違いは何でしょうか?

歯磨きが綺麗に出来ている場合舌苔は少なく、また舌を動かすことで舌苔は自然に取れます。

しかし歯磨きが綺麗に出来ていない場合舌苔がたくさん付着し自然には取れなく、口臭がしたり味覚が鈍感になります。

たくさん付着している人は舌磨きをしましょう!!

歯ブラシを舌の奥に当てて手前に引きます。

その時に、力を入れて磨くと舌に傷がつくので優しく1日1回行ってください。

舌苔がたくさん付着しないように歯磨きとフロスをしっかりしましょう。

 

yobou_04

 

過去の記事についても載せていきますので、次回もお楽しみに

初診コンサルテーションのお申し込みはこちら

ページ先頭へ
スマートフォン用サイトを見る