診療案内 / マウスピース型矯正装置 (インビザライン・薬機法対象外)

食事も変わらず楽しめて、
歯磨きも普通にできる矯正装置

マウスピース型矯正装置は歯にぴったりフィットした透明のマウスピースでできています。
写真を撮るときにあなたが装置をつけていても、ほとんど気付かれることはありません。
※ インビザライン(薬機法対象外)を日本で使うことの法的な位置付けについて

目立たないだけじゃない、マウスピース型矯正装置の利点

01.来院間隔が長い
ワイヤー矯正の場合はだいたい4〜6週に1度の調整が必要ですが、マウスピース型矯正装置を使用した治療の場合は6〜12週間来院間隔をあけることができます。
02.処置時間が短い
マウスピース型矯正装置の場合、基本的に装置がフィットしているかどうかをチェックして、問題がなければそれで処置が終了します。普段の処置時間の平均は15〜30分程度。ワイヤー矯正の場合は30〜60分程度の処置時間となります。
03.治療期間が短い
デジタルセットアップにより、歯の移動の最短距離を探すので、治療期間が短くなります。イースマイルではさらに近赤外線照射装置を併用することができます。
04.エマージェンシーがほとんどない
ワイヤー矯正だと装置が外れたり、ワイヤーが飛び出たりすることがあります。そのような場合、すぐに修理しないと怪我をしたり歯が思わぬ方向に動いたりするリスクがありますが、マウスピース型矯正装置だとそのような心配はほとんどありません。
05.痛くない
マウスピース型矯正装置のなかでもインビザライン(薬機法対象外)は、1枚あたりの歯の移動量がコンピューターで管理されており、ワイヤー矯正に比べるとほとんど痛むことはありません。イースマイルではさらに近赤外線照射装置を併用することができます。
06.食事制限がない
硬いものやくっつくもの、ワイヤー矯正では制限される食べ物も、マウスピース型矯正装置なら自由に食べられます。痛みも少ないので、特別に柔らかい食事を用意する必要はありません。
07.歯ブラシやフロスが自由にできる
歯磨きの時に装置を外すことができますので、歯磨きやフロスも普通に行えます。矯正治療中の歯磨き不良による虫歯や歯周病のリスクはワイヤー矯正に比べて格段にひくく、歯の表面が脱灰してしまうようなこともほとんどありません。
08.メタルフリー
金属アレルギーの心配のある方もマウスピース型矯正装置を用いた治療なら安心して行えます。
09.スポーツや楽器の演奏も自由に
サッカーや格闘技など、体がぶつかることもあるスポーツでもマウスピース型矯正装置なら問題ありません。また、口に楽器を押し当てるような管楽器の演奏も、マウスピース型矯正装置なら自由に行えます。

iTero Element による
精密スキャニング

マウスピース型矯正装置のなかでもインビザライン(薬機法対象外)はiTeroなどのデジタルスキャニングで作られるのが世界のスタンダード。しかし日本では2017年6月時点で僅か27台しかiTeroは導入されていませんでした。

イースマイルでは2014年9月に西日本初のiTeroを導入して以来、完全にデジタルスキャニングに移行し、ネバネバしたシリコンによるあの歯型とりは完全に過去のものになりました。おう吐反射のきつい方でも、短時間で精密に安全に、患者さんのお口をスキャンします。

そして、2017年7月、発表されたばかりの後継機種、iTero Elementがイースマイルにやってきました。iTero Elementは従来のiTero2.9 に比べ、40%小さく、20倍早くなり、1秒間に撮影するフレーム数は7.5倍の6000枚。従来のiTeroよりも、快適・高速・精密に歯型のデータを3Dデータに変換していきます。

この3Dデータはインターネットを介して即座にコスタリカのエンジニアに送られ、クリンチェックというマウスピース型矯正装置設計ソフトウェアに組み込まれます。

アナログに考え、デジタルに進める
矯正専門におこなってきた歯科医師ならではの治療技術を
デジタルテクノロジーで実現。

このクリンチェック上の歯の配列はエンジニアが並べただけのものですから、矯正歯科医は最終的に理想的な歯のポジションになるように、この装置のデザインを調整する必要があります。歯の細かい位置づけや、動かす順番・スピードなどを指定し、アタッチメントの形や位置も個別にカスタマイズします。イースマイルでは平均5〜10回くらいは修正を繰り返して細部まで調整していきます。これらは設計する矯正歯科医によって異なってくるため、マウスピース型矯正装置(インビザライン・薬機法対象外)を用いた治療がどこで受けても同じということはありません。

イースマイルでは過去20年以上にわたって追求してきた非抜歯矯正治療MOOフィロソフィーの考え方と、近赤外線を併用したマウスピース型矯正装置に最適な歯の移動様式やアタッチメント形状を組み込んだ、独自のクリンチェックを作成しています。

このようにして作り上げられたクリンチェックデータは、メキシコの世界最大の3Dプリンティングファクトリーに送られて、ロボットによりマウスピース型矯正装置が制作され、日本まで届けられます。

マウスピース型矯正装置による治療法はいろいろありますが、インビザライン(薬機法対象外)は矯正歯科医の経験と思考というアナログな知恵を緻密なデジタルデータで実現する、新しい世代の矯正治療法です。