マウスピース矯正

インビザライン (薬機法対象外)なら外出自粛でも治療が進む?

坂平 愛美 トリートメントコーディネーター

2020.06.11

             
  •          

インビザライン (薬機法対象外)は、治療開始から終了までのマウスピースを交換していくことで少しずつ歯が動いていく取り外し可能な矯正装置です。今回はこのインビザライン治療のメリットについてお話しします。

 インビザライン (薬機法対象外)の日常生活を送る上でのメリットは?

笑顔で写真が撮れる

写真を撮ってもマウスピースは透明なので目立ちにくく、分かりにくいです。人生の中で写真を撮るということには、大きな意味があると思いますその写真を矯正治療が邪魔することなく笑って写真を撮ることができます。

歯磨きがしやすい

マウスピースは取り外し可能な装置なので、今まで通り歯磨きとフロスを行うことが出来ます。ワイヤー矯正に比べて断然歯磨きがしやすいです。矯正治療中は歯磨きとフロスでお口の中を清潔に保つことはとても重要なことです。

装置が壊れにくい

ワイヤー矯正の場合、歯の表面1つずつに装置をつけていますが、何か硬いものを食べた時などに外れてしまうことがあります。外れてしまうとワイヤーが飛び出してしまってお痛みが出たり、歯に強い力がかかり違う方向に動いてしまうこともありますので早急に付け直しが必要です。ですがご自身のお仕事の都合や学校の時間などで、なかなかすぐに行けないことも現実だと思います。インビザライン(薬機法対象外)の場合、歯の表面にアタッチメントやゴム掛けのためのボタンなどをつけて治療をします。それが外れてしまうこともありますが、マウスピースを進めない限り歯が変な方向に動いてしまうことはないので慌てる必要はありません。

メタルフリー

ブラケット装置と違いワイヤーを使わないので、金属アレルギー方なども安心して矯正治療を進めることができます

痛みが少ない

ブラケット装置だと歯を動かしていくためにワイヤーを調整したり交換をしていきます。そうすると上下の歯が当たるだけで痛い、柔らかい物も痛くて噛めないなどの痛みが2,3日続くことが多いです。マウスピースも、もちろん痛みが全くないわけではありません。新しいマウスピースをはめると圧迫感のような締め付け感は感じることがありますがブラケット装置に比べると断然痛みが少ないです。

違和感が少ない

口内炎や炎症などがブラケット装置だと出来ることが多いですが、マウスピースですとほとんど出来ることはないので違和感もだいぶ少ないです。

食事制限がない

装置を外してお食事が出来ますので、食事制限もありません。ブラケット装置では粘着性のもの(ガムやキャラメルやおもち)堅いもの(りんごやおせんべいの丸かじり)は装置が壊れてしまう危険に繋がりますので禁止です。

スポーツの制限がない

ぶつかったりするスポーツだとワイヤー矯正では怪我をしたり装置を壊すリスクがあります。ですがマウスピースはそもそもマウスガードの役割も果たします

楽器演奏の制限がない

特に楽器演奏の制限もありません。反対に特にフルートやトランペットなどは有利です。

以上のことを考えて、インビザライン(薬機法対象外)は日常生活を送る上での制限はほとんどありません!これはとても大きなメリットです。

治療を進める上でのメリットは?

1回の診療時間が短い

ワイヤー矯正だとワイヤーを外して調整をしたりワイヤーを交換をしてから装着しますので処置時間がかかります。マウスピースですとしっかりフィットをしていて、アタッチメントが外れているなどがなければお写真を撮って終わりです。

治療期間が短い

ワイヤー矯正に比べてインビザライン治療(薬機法対象外)の方が短いように感じられます。ワイヤー矯正で、MOOテクニックをしていく場合まず臼歯の位置づけを正していくのに1年から1年半、そこからブラケットとワイヤーをつけて歯を並べるのに1年から1年半かかります。ですがインビザライン(薬機法対象外)は最初から臼歯の位置付けをして同時に歯を並べていくので全体的な治療期間も短く済むことが多いのです。

治療間隔を長くとることができる

インビザライン(薬機法対象外)は初めから最後までの歯の動きを全部組み込んだ装置です。その動きで無理のない数のマウスピースをお渡しすることが可能です。基本的にはインビザライン(薬機法対象外)治療は1ヶ月半から2ヶ月ごとにご来院いただいて問題がないかチェックさせていただいていますが、フィット状況に問題がなければ、2ヶ月~3ヶ月ほど来院期間を開けることも可能です。

また当院では2020年より遠隔モニタリングシステムのデンタルモニタリングも導入しております。遠隔で治療がきちんと進んでいるかチェック出来るため、さらに長く間隔を取りつつ、安心かつ確実に矯正治療を進めることが出来ます。遠隔操作システムに関してはこちらのブログにまたはこちらのブログにも詳しく書いています。

 

このように、インビザラインは個別のライフスタイルにも合わせやすく、メリットの多い治療です。ただ、ひとつ大変なことを上げるとするならば、治療の進行患者さんに100%依存する装置ですのでしっかりはめていただかないと歯は動きません。マウスピースと一緒に頑張れるのかは患者さん次第になりますが、そもそも習慣を変えないと、より良い未来は待っていません。

ぜひインビザラインでより良い習慣とより良い歯並びを手に入れてください。

 

Oral Powerが日本を変える一覧へ
一覧へ

ToTop