予防の基礎知識

歯ブラシ+フロス で歯みがきマスターを目指そう☆

2017.09.15

             
  •          

みなさん、こんにちは。
衛生士の今西です。

最近は秋らしい過ごしやすい気候が続いていますね。
今年もあと3ヶ月。
2017年後半を元気に乗り切りましょう!!

さて、今回のブログでは今年からイースマイルで新しく導入したことを紹介したいと思います。
それは、歯みがきテストです!
今年より、当院で治療を開始される患者さん全員に歯みがきテストを受けていただくシステムを導入いたしました。

なぜ、このシステムを導入したのかと言いますと…
お口の中の状態は人それぞれ異なり、特に矯正治療前の歯並びはそれぞれ違います。
矯正治療が始まると、装置の周りに食べかすや磨き残しが多くなり、虫歯や歯肉炎のリスクが高くなります!
そのようなリスクを低くするために、治療開始前に歯みがきの状態や患者さんそれぞれの磨き方の癖などを確認します。
しっかり綺麗をキープできるようになったうえで、安心して治療を受けていただける目的で始めました。

この歯みがきテストでは、O’Leary(オレリー)という人が考え出した、プラーク(歯垢)の磨き残しを表すプラークコントロールレコードを用いています。
これを調べることにより、プラークコントロールがしっかりと出来ているかどうか、どの部分に磨き残しが多いのかを知ることができます。
一般的にこのスコアが20%以下であれば良く磨けていると判断されるため、イースマイルでは20%以下であれば合格としています。

歯みがきテストの流れは…
※テスト当日までに、歯みがきをきっちりして来院していただきます。
①歯を赤く染め出しをします。

②磨けていないところをチェックして、歯みがき指導・フロス指導をします。




③染まっているところがなくなるまで、実際に磨いてもらいます。
もちろんフロスも通してもらいます。


④先ほど紹介したプラークコントロールレコードを用いて、計算します。


⑤歯みがきテストの結果を用いて、矯正治療開始にあたってのセルフケア・プロフェッショナルケアの重要性、食習慣の見直しのお話をします。


先日、私も久しぶりに染め出しをして自身で歯みがきチェックをしました。
磨けているようで磨き残しが結構あり、自分の歯みがき癖を再確認することができました。
毎日の歯みがきももちろん大事ですが、定期的な歯みがきチェックも大事ですね。
みなさんも歯みがきマスターになって、矯正治療を楽しく始めましょう!!

 

歯科衛生士 今西麻里江

E-Smile,E-Life一覧へ
一覧へ

ToTop