歯の健康

歯磨きの方法

concierge 

2017.12.08

             
  •          

みなさん、こんにちは。今回は歯磨きの方法についてお話をしたいと思います。
矯正治療でせっかくキレイな歯並びを手に入れられるとしても、虫歯や歯周病で歯がボロボロになってしまっては意味がないですよね。

当院では、歯ブラシ+フロスの事を歯磨きと呼び、矯正治療を開始する前に歯磨きテストを行い、正しい歯磨き方法を習ってテストに合格してから治療を始めるようにしています。みなさん、矯正治療が終了してもずっとそのまま上手に歯磨きを続けてくださいね。

では、歯磨きチェックをしていて私がよく見る磨き方の癖とよくある質問についてお話をしたいと思います。

あなたはこの様な磨き方していませんか??

前歯磨いたり、奥歯磨いたりいろんなところを磨いている

どこを磨いたか分からなくなって磨き残しができます。ルールを決めて、順番に一筆書きで磨きましょう
当院での歯磨きチェックの方法は以下のブログ参考にしてください。
 

3本ぐらい一緒に磨いている

歯ブラシが当たらない所があって磨き残しができます。1本ずつ丁寧に磨きましょう。

磨きにくい所は、それぞれ異なりますのでイースマイルでは治療開始前の歯磨きチェックの際に磨き方を伝えています。
イースマイルでの歯磨きチェックについてはこちらをご覧ください。

よくある質問について

何分磨けば良いですか?

長い時間磨いているから磨けているってことではありません。鏡を見ながら1本ずつ磨いて歯ブラシが歯に当たっているのかチェックしてください。

歯が磨けているのか分からない。

歯の表面に”モコモコ”っとした物(歯垢)がついてると磨けていません。ツルツルになるまで磨きましょう。
自分で歯が磨けているか分からない方は、 歯垢が染まる染色液を販売しているので是非使ってチェックをしてください。

 


歯並びが良くなると歯磨きもしやすくなります。歯磨きが難しくて困っている方は、ぜひ矯正専門医へご相談ください。

Oral Powerが日本を変える一覧へ
一覧へ

ToTop