矯正一般

非抜歯矯正っていいの?ダメなの?

有本博英 矯正歯科医

2020.01.25

             
  •          
私は2011年に、東京の賀久先生・伊丹の篠原先生とともに、医歯薬出版から『非抜歯矯正治療』という本を出しました。しかし『非抜歯矯正』という言葉は特に矯正専門の先生方からは実に評判が悪いのです。なぜでしょうか?

EHアングル先生

現代矯正学の父と呼ばれたEHアングル先生(1855-1930)は、今のワイヤー矯正装置の主流である「エッジワイズ装置」を発明した先生です。彼は、アメリカに歯科の世界で初めての専門医として矯正専門医を作り、矯正治療を教えるアングルスクールを開校。そのアングルスクールの卒業生が元になって、今もアングルソサエティという学会として続いています。

第39回アングルソサエティ国際大会

ほとんどの学会は入会希望を出して入会金を払えば会員になれるのに対し、アングルソサエティは会員の保証人がなければ参加できず、入会時には症例を提出して審査をパスして初めて準会員になるという厳しいものです。会員は大学教授や有名な臨床医、教科書でしかみたことないような学会の重鎮が名前を連ねています。私は2003年から準会員、2008年から正会員として参加させていただいています。

抜くか抜かないかという大論争

そのアングル先生の教科書には第6版までは矯正治療と抜歯について書かれていたそうですが、第7版以降は抜歯についての項目はありません。そして『抜歯は間違いだ。最良の結果を得るには、歯は全部そろっていなければならない。』という言葉を1903年に残しています。これは、『神がお創りになったものに無駄なものは無い』という、多分に宗教的な信条があったと言われています。
しかし、全てを非抜歯でできるはずもなく、同時代のケース先生は『抜歯も時には必要である』と言ったために、アングル派のデューイ先生とアメリカ矯正歯科医会誌上で論争が繰り広げられました。この時は当時アングル先生の絶大な権威のもと、非抜歯で行うのが正しいとされたのです。ケース先生は、彼の抜歯治療率がわずか7%であったにもかかわらず、矯正界から相手にされなくなってしまいました。

抜歯矯正テクニックの確立

そのアングルの死から10年後、アングルスクールの最後の高弟と言われたツイード先生がセンセーショナルな発表を行います。まず非抜歯で治療した後、あまり結果が思わしくなかったので抜歯で再治療したという100症例を発表したのです。1940年、シカゴのドレイクホテルで開催された他ならぬアングルソサエティの総会でのことでした。会場は非難轟々だったそうですが、その時のツイード先生が示した症例が素晴らしいものであったため、以降、抜歯での矯正治療が増えていきました。たとえ抜歯をしてもきちんと仕上げることができるというシステムを作り上げたのはツイード先生の功績であり、以降のエッジワイズシステムは皆このツイードメカニクスが基本になっています。

父、有本隆行の症例より。前歯も全てバンドが入っている。

それにしてもツイード先生の時代に非抜歯->抜歯の再治療をした患者さん100人もいたというのはすごいことだとおもいます。当時のエッジワイズ装置は歯に接着することはまだできなくて、いわゆる『フルバンド』と呼ばれる金属製の輪っかを前歯も含めて全ての歯に巻いたもの。ワイヤーも硬いものしかなくて、患者さんにとってその痛みたるや今のワイヤー矯正の比ではなかったでしょう。今ほど矯正治療もポピュラーでは無いでしょうし、しかも当時矯正界で否定されていた健康な歯を抜歯してまで2回も矯正治療をすることを受け入れた患者さんが100人もいたのです。

これは私の私見ですが、当時の技術で非抜歯で治療された患者さんは、少なからず口元が突出したはずで、これが耐えられなかったのかとおもいます。というのも1930年代のアメリカはまだまだ黒人人種差別のあった時代で(キング牧師の公民権運動は1963年)、黒人の方の顔の特徴は、、、ということもあったのでは無いでしょうか。

ともあれ、1940年以降、アメリカでは矯正治療の抜歯治療率は一気に上がり、それこそ1960年代半ばには8割もの患者さんが小臼歯抜歯で治療されています。つまり、矯正専門医は小臼歯抜歯をしてちゃんと治すというテクニックを持っていてこそのものという時代があったというわけです。

再び非抜歯症例が増え始める

しかし、1970年代をピークに小臼歯抜歯の比率は下がり始めます。

一つはあまりにいきすぎた抜歯矯正のために、口元が引っ込みすぎたケースがあったことや、顎関節症との関連が疑われたこと(現在は関係ないということがわかっています)などから反動が来たということが考えられます。また奥歯を奥に寄せて隙間を作る技術が出てきたり、近年ではTADと呼ばれるアンカースクリューを応用することでしっかりと歯を固定することができるようになり、より非抜歯治療に有利なテクニックが発展してきたためです。

『抜かずに治す・非抜歯でできる』

しかし、ここで極端な主張をする人たちが出てきます。

一つは1996年に開発されたオームコ社から販売されているデーモンシステムであり、いわゆるローフリクション・ローフォースブラケットですが、それは『とても弱い力で歯を動かすので、痛みもなく、骨を作って非抜歯でできる』という主張をするものでした。

また、MEAWというループをたくさん組み込んだワイヤーのシステムを使うドクターの一部は、『歯を一斉に遠心方向に起こすことができるため、ほとんど歯を抜く必要はない(抜くと良くない)』と主張しました。日本でもこのテクニックを一般向けに紹介した本が複数出版され、100%抜かないなどという主張をしています。

これらのテクニックでは、全て非抜歯でできるとか抜歯は悪いと取られかねない表現で、きちんとした科学的根拠がないにもかかわらず一般患者さん向けにプロモートしたために、真面目な矯正専門の先生方は今更非抜歯矯正と主張をするなんてとんでもないということになったのです。それではアングル先生の時代に逆戻りではないかと。(今また、インビザラインだと非抜歯でできるなどという先生がいるのは残念なことです)

グリーンフィールド先生


そして、その非抜歯矯正ブームに一役買ったのが私が師事したグリーンフィールド先生でした。彼は非抜歯治療率98.5%という信じがたい数字とともに1994年に初来日し、私もセミナーに参加して驚愕しました。驚いたのは、これまでなら明らかに抜歯と診断していたであろう症例が、見事に非抜歯で治療されていたからです。そして、1995年にアメリカでの学会参加後、ぜひ見学させて欲しいと手紙を書いて、3日間オフィス見学をさせていただきました。それは私が今までで習ってきた矯正治療の方法とは全く違うもので、このやり方を徹底的に学びたいと思ったのです。その後、グリーンフィールド先生が来日するたびにコースのお手伝いをさせていただき、1996年には日本非抜歯矯正研究会の創設に関わることになります。

MOOは、まず奥歯の位置付けを立て直す

グリーンフィールド先生の方法は、元々ボストン大学の臨床教授であったセトリン先生の方法です。セトリン先生は小臼歯非抜歯矯正でとても有名な先生で、その症例研究はグレーバー&ヴァナルズダルの教科書にも取り上げられている科学的にも根拠のある方法です。グリーンフィールド先生はそのセトリン先生に弟子入りし、より患者協力が少なくてもできるような方法を開発し、CADテクニックと名付けました。

冒頭に記載した私たちが書いた本は、CADテクニックをさらに臼歯の位置付けを立て直すという観点からMolar Oriented Orthodontics (MOO)と体系づけたものです。奥歯は年齢とともに内側と手前に傾斜してくることがわかっていて、MOOではそれをまず起こしてから前歯を位置付けます。起こしていくと、スペースができますので、結果的に小臼歯を抜く必要がなくなることが多くなります。

MOOは非抜歯のための治療法ではない

MOOではまず奥歯を立て直し、思春期成長変化を評価した後で、小臼歯抜歯が必要かどうかを診断します。100%小臼歯非抜歯で行うわけではありません。小臼歯抜歯をしないといけないケースは思春期成長前(だいたい10−12歳くらい)から治療を開始した場合で10%程度、大人の場合は20%くらいでしょうか。

ただ、本のタイトルを『非抜歯矯正治療』というタイトルにしたことで一部専門医の先生からよくお叱りを受けました。こうしたことは、先述のような「これを使えば非抜歯でできる」、という宣伝などに対する嫌悪感だったのではないかとおもいます。

例えば咬合論で有名なロス先生には学会でお会いした時、「君たちは日本の非抜歯研究会のメンバーかね?非抜歯矯正なんてのはinsanetyだ。わかるか?非抜歯はinsanetyだ」と言われました。しかもこのときはアメリカ矯正歯科医会で症例発表で最優秀賞を取った直後でした。ちなみにInsanetyというのは〇〇〇〇という放送禁止用語です。南カリフォルニア大学のドーティー教授には症例展示で「なんでこんな拡大したんだ?」と叱られました。大学で講演を依頼されたのに、直前にキャンセルされたこともあります。

しかし、MOOは奥歯の位置づけに注目した治療であって非抜歯のための治療ではないのです。

ですので私たちが書いた本の前書きにはこう書かれています。

本書は『非抜歯矯正治療』というタイトルですが、『非抜歯』矯正について書かれた本ではありません。

これを使えば非抜歯でできる装置、などはない

床矯正・デーモンシステム・インビザライン・マルチループなど、非抜歯でできますよ、といわれているものがありますが、ある特定の装置を使えば非抜歯でできるなどというものはありません。

まず抜歯・非抜歯の判断も含めて矯正治療の診断が必要で、その次に、そのためにはどういう装置を使うのか?ということを決めます。その時に床矯正装置を使うこともあるでしょうし、デーモンやインビザラインを使うこともあるでしょう。あくまでも診断が先で装置は後です。逆はありません。

そして、どのような装置を使おうが、100%非抜歯でできるなどということはあり得ませんし、矯正診断というのは、その人にとってちゃんと治るようにするものであって、抜かないということを目的にしてはいけない。抜かずに並べるだけならワイヤーを入れれば並びます。でもそれで前突を招いたり、骨から飛び出るような配列をしてはいけません。患者さんの生涯を通じて最も利益になるような診断をしなければならない。そのために奥歯の位置付けを正し、前歯をバランスの取れた位置づけるのです。そこで抜歯が必要なこともあり得るということです。

まとめ

抜歯か非抜歯かの判断は矯正専門のドクターの診断があるべきです。

ある特定の装置を使えば非抜歯でできるなどということはありません。

MOOでは小臼歯抜歯の判断は奥歯の位置付けを立て直してから行います。

MOOでは小臼歯抜歯の判断は思春期成長が終わってから行います。

Oral Powerが日本を変える一覧へ
一覧へ

ToTop