ドクターコラム

インフルエンザワクチンは感染と重症化防止に最も効果がある(WHO)

有本 博英 矯正歯科医

2015.01.24

こんにちは,有本博英です.

 

インフルエンザが猛威を振っているようですが,その度にワクチンが効くとか効かないとかいうのがネットに出ます.

 

医学は数学や物理学と違って臨床学だから,一つのやり方にいろいろな意見があるのは当然なので,意見としてはいろいろなことを言ってもいいけれど,だいたいこういう病院や製薬会社の利益になるから的な陰謀論的なことを言ってるのは怪しいので,再確認が必要ですね.例えば,,

 

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

(上記リンクは様々な批判を受け,現在非公開になってしまいました.魚拓はこちら.)

 

この記事の中の「東京都内で内科医を開業する医師(って誰だ?)」は,

 

世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と書いてあります。

 

と言っています.

 

ではどこにそんなことが書いてあるのかな?とWHOのサイトを見に行ってみると,

 

インフルエンザワクチンの使用 Infuluenza Vaccination Use

Vaccination is the most effective way to prevent infection and severe outcomes caused by influenza viruses.(インフルエンザワクチンを打つことは感染と重症化防止に最も効果がある)

 

と書いてあるのです.

 

さらに接種を推奨する人として,

最優先

  • 妊婦

優先

  • 6-59ヶ月の子供
  • 高齢者
  • 慢性疾患を持つ患者
  • 医療従事者

 

をあげています.

 

ネットはある意味書きたい放題.

矯正歯科情報も魑魅魍魎で,調べれば調べるほどにネット遭難してしまった人が時々来られます.ますます情報の選択眼が要求される時代になって来ました.

 

私たちプロも,そのやり方が科学的に裏付けのあるものなのか,それとも経験によるものかをはっきりさせた上で,患者さんにプレゼンテーションする必要がありますね.

 

ではでは.

E-Smile,E-Life一覧へ
一覧へ

ToTop