ドクターコラム

プロとしてすべき、 Seek Serve Seed .

有本 博英 矯正歯科医

2016.05.26

こんにちは。有本博英です。きょうはプロフェッショナルとしての Seek Serve Seed について。

 

今年は暑くなりそうですね。というかまだ5月なのにもうすでに暑い。。

去年の冬に引っ越した家には古いエアコンしかついておらず、ブンブン音が鳴るだけでほとんど効かない、というわけで先日、本格的な夏到来の前に、〇〇カメラにエアコンを買いに行きました。

 

その応対をしてくださった店員さんなんですが、その方の歯が気になって気になって。下顎前歯が叢生(乱杭歯)なのはともかく、そのガタガタの歯が平らになるくらいの歯石がびっしりたまっていたのです。

 

歯石はバイオフィルムの上にたまった歯垢が石灰化したもので、その下は嫌気性菌という空気を嫌う歯周病菌の住処です。こんなに大量に歯石をためているということはずいぶん長い間、細菌を飼い育てているということであり、まだお若いのに、このままではあと数年もすれば骨を溶かして完全に歯周病で歯が抜けてしまうんじゃないだろうか?などといろいろ思いを巡らしていると、「エアコンの5年保証はどうされますかぁ?」と聞くではありませんか。

 

「いや、エアコンの5年保証は結構ですけど、、、歯石取りに行かれた方がいいですよ。」

 

言っちゃいましたよ。。

 

「あ、すみません。僕、歯医者なんですけどね。その歯石はほっといたら5年補償どころか1年も経てば大変なことになりますから。」

 

すると店員さんは予想外に食いついてきて、アァーやっぱりダメですか。ほっといたらどうなりますか?ちょっと気持ち悪いと思っていたんですけど痛くないんで。やっぱり歯医者さんに行った方がいいですよね。行きますわ。とおっしゃるではありませんか。

 

そこで、なぜ歯石をほっておいてはいけないか。歯石は歯磨きでは取れないこと、普通年2回くらいは歯医者でクリーニングをしてもらわないといけないこと、歯磨きは歯ブラシだけではなくフロスもすることなど、一通りお話しさせていただきました。そしていつもお世話になっている、〇〇カメラにも近い●●歯科を紹介して、有本に聞いたと言えばいいと言ってあげたのでした。

 

こうしたことって、普通はあまり他人に指摘したりしないと思うのですが、逆に僕は歯医者だからこそ言ってあげられる、というかむしろ、ちゃんとお伝えすべきと思うのですよね。たとえ他人であってもチャンスがあるならば。

 

イースマイルのクレドにもあるのですが、私たちがプロフェッショナルとしてすべきことは、Seek, Serve, Seedの3語で表されると思っています。Seekは最新・最良の情報を常に求めること(学会行くとか)、Serveとはその知識や技術を最良の方法で提供すること(診療ですね)、Seedとは種を植える、つまり正しい知識を伝えること。

 

日本の歯科医ははっきり言ってこのSeedをちゃんとやってこなかった。周りの人見回しても歯が綺麗な人はどんだけいますか?ほとんどの人が歯ならびも悪くて、歯で悩んでるのに、歯医者は過剰で余ってる、なんてこと言われる状況を作っちゃってるんですよね。アメリカなんて学会レベルから個人レベルまでSeedしまくりですから。

 

あの店員さん、ちゃんと行ってくれるかな。

 

そのエアコンは設置も終わって快適です。ではでは。

 

 


 

当院では、歯科医師歯科衛生士トリートメントコーディネーターを募集しております。
矯正歯科未経験の方でも大歓迎です!
私たちと一緒に綺麗な歯並びの患者さんたちと喜びを分かち合っていきましょう!!
ご興味のある方はいつでもご連絡📲ください。
 

 

 

E-Smile,E-Life一覧へ
一覧へ

ToTop