予防の基礎知識

Influenza インフルエンザ予防には、朝起きてすぐの歯磨きを!

有本 博英 矯正歯科医

2017.01.29

Influenza インフルエンザ予防は手洗いマスクだけではない

こんにちは、有本博英です。今日はインフルエンザ( influenza )予防の話。

今の時期、子供が家に帰ってくると、「手ぇ、洗いや!」と叫んでいるお母さんも多いはず。そう、風邪やインフルエンザの予防ですね。

今年もインフルエンザが猛威をふるい、学級閉鎖のところも出ているようです。

うちの息子もちゃんとA型にかかり(汗)、しばらくお部屋で隔離されておりました(今は治りました)。

インフルエンザは、ウイルスが(1)体内に入って、(2)感染する、ことで発症します。
それを防ぐためには、(1)体内に入れない、(2)感染させない、ことです。

手洗いやマスク着用などは(1)体内に入れないための対策ですね。
では、(2)感染させない対策には何をすればいいのでしょうか?

Influenza インフルエンザは口の中の細菌が活性化させる!


インフルエンザウイルスを体の細胞とくっつかせなければ、ウイルスは活性化しないのです。

インフルエンザウイルスは、そのままでは細胞にくっつくことができません。
くっつくためにはウイルスの表面にあるHAという物質が活性化されている必要があります。
このHAを活性化する物質(プロテアーゼ)は、口の中の細菌が出すのです!

つまり、口の中の細菌が少なければ、インフルエンザウイルスが活性化されにくい、つまり、感染しにくいということです。
 
そして、口の中の細菌が一番多くなるのが、朝起きた時。
なぜなら、寝ているときは唾液の出る量が少なくなり、唾液による抗菌作用が低下するためです。

朝起きてすぐの口の中の細菌量はスプーン一杯のうんちと同じ


朝起きた時の口の中の細菌量はスプーン一杯のウンチと同じくらいとも言われています。
それらの出すプロテアーゼを減らし、喉や気道でウイルスを活性化させないようにすることこそ、インフルエンザウイルスを(2)感染させない対策、です。

つまり、朝起きてすぐ、朝ごはん前にしっかり歯磨きをすることこれがとっても効果があるのです。

老人ホームなどで、この朝起きてすぐ歯磨きを励行したところ、インフルエンザ発症率が1/10になったとか、インフルエンザにかかった人の10人のうち、朝歯磨きをしていたのは1人だけだったとかいう報告があります。

朝起きてすぐの歯磨き、朝ごはん前の歯磨き、徹底してやってみてください。
もちろん“歯磨き=歯ブラシ+フロス”で。

Influenzaインフルエンザの予防は徹底的なクリーニングと朝一の歯磨きで


あ、その前に、徹底的に口の中を綺麗にしておくというのも大切ですね。
そのためにはプロによるクリーニングをどうぞ。
イースマイルでも衛生士が拡大鏡を使ってみっちりクリーニングさせていただきます。ではでは。

 

influenza prevention

😄😆⛅️❄️😢😁

イースマイル国際矯正歯科ではチームメンバーを募集しています。
最新のデジタル矯正に興味のあるドクター
学びのある清潔な環境で楽しく働きたい衛生士
子供から大人まで触れ合える、
インターナショナルな環境で働きたいレセプショニスト
ご興味のある方はいつでもご連絡📲ください。

保存保存

E-Smile,E-Life一覧へ
一覧へ

ToTop