イースマイルでのお仕事

インビザラインはチームで治す! トリートメントコーディネーター 編

今西 麻里江 歯科衛生士

2021.10.23

皆さん、こんにちは。
歯科衛生士の今西です。
前回の動画では、『インビザラインはチームで治す!歯科衛生士編』についてアップされましたが、今回は10月13日に トリートメントコーディネーター 編がアップされました。

当院には欠かせない トリートメントコーディネーター の役割とは?

みなさんは トリートメントコーディネーター と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?
主に患者さんのお話を親身に聞いて、安心して当院で矯正治療を受けて頂けるようにサポートし、ドクターや歯科衛生士への『橋渡し』をする役割があります。
当院では、 トリートメントコーディネーター は絶対必要不可欠なチームメンバーなのです。

主なお仕事内容とは?

矯正治療を希望されて来られた患者さんのお話を詳しくお聞きすることはもちろんですが、その他にも事務的な業務も トリートメントコーディネーター のお仕事です。
①矯正治療開始までの流れ
②矯正治療中の流れ(患者さんによって使用する装置が異なりますが、使用する装置がどのような装置なのか説明)
③矯正治療におけるリスクの説明
④矯正治療費、お支払いについての説明
など、とても重要なことをお話することも トリートメントコーディネーター のお仕事です。
(↑有本先生が患者さんの診断、治療計画、内容についてお話している様子。 トリートメントコーディネーター も一緒にお話を聞きます。)

患者さんのいろんな疑問や不安、やる気をサポート!

患者さんが初診で来院される時、様々な疑問や不安などを抱いてご相談に来られます。
ドクターや歯科衛生士に聞きにくいことや、ご自身のお口の中の状況の説明を受け、治療が始まったらちゃんと出来るのか…など、中には治療中にモチベーションが下がってしまう患者さんに対しても、患者さんの気持ちに寄り添ってサポートするのもとても大事なお仕事を担っています。
患者さんが矯正治療を始めるにあたって、 トリートメントコーディネーター がいるのといないのとでは、治療の進み具合の割合も大きく変わってきます。
決して、ドクターや歯科衛生士だけで治療を進めるものではありません。

スタッフの治療実体験などもお話します

当院のスタッフでもインビザラインで治療をしたスタッフ、現在治療中のスタッフがいてます。
スタッフそれぞれ治療内容が異なるので、小臼歯抜歯をした、スクリューを入れた、上顎拡大装置を入れた、舌小帯切除した…などなど、いろんな処置を経験しています。
このような治療実体験のお話もさせていただけるので、患者さんにとっても安心していただけるかと思います。

 トリートメントコーディネーター になるまで

「矯正治療経験したことなくても トリートメントコーディネーター になれるのか?」
そんな疑問を持たれる方もいらっしゃる方もいるかと思います。
当院のスタッフでも矯正治療未経験のスタッフも居てますし、矯正治療経験者、未経験者に問わず、しっかりと徹底的にトレーニングを行います。

(↑今年入社した小田さん。先輩からのトレーニングを受けている様子。)

 

いかがでしたでしょうか?
インビザライン治療は患者さんの協力なしでは成功しませんし、ドクターや歯科衛生士だけが主体となって治療することも成功しません。
患者さんのご不安やお悩みなどを1つひとつ解消し、治療内容に納得して頂いて、安心して治療を受けて頂けること、そのお気持ちを汲み取って、サポートできる トリートメントコーディネーター が居てるからこそ治療が成功するのです。

 

『インビザライン』は、米国アラインテクノロジー社が開発したフルデジタルのマウスピース型矯正装置です。日本ではプラスティック素材と口腔内スキャナー『iTero』が認可されていますが、作製されたマウスピース装置自体は海外技工物であるため、薬機法対象外となります。様々なマウスピース型矯正装置の中でも最も症例数が多く、2019年現在全世界で600万症例以上治療されています。

E-Smile,E-Life一覧へ
一覧へ

ToTop