診療案内 / 症例紹介

八重歯・乱杭歯

叢生

35歳 女性
非常にシビアな叢生。親知らず以外非抜歯で治療。歯槽骨が薄く歯の動きが遅い症例。今なら加速治療で対応するであろう症例。
使用装置 : マルチブラケット、GMD、Lip Bumper
治療期間 : 5年1ヶ月

術 前
術 後

叢生

11歳 女性
いわゆる八重歯の典型的なケース。親知らず以外非抜歯で治療。
使用装置 : マルチブラケット、GMD、Lip Bumper
治療期間 : 1年11ヶ月

術 前
術 後

叢生

9歳 女性
両側八重歯の成長期のケース。小臼歯非抜歯で治療。
使用装置 : マルチブラケット、GMD、Lip Bumper
治療期間 : 3年2ヶ月

術 前
術 後

重度の叢生を伴う上下顎前突

33歳 女性
上下顎大臼歯の遠心移動後さらに小臼歯抜歯を行なってプロファイルが改善されました。
使用装置 : マルチブラケット
治療期間 : 3年6ヶ月

術 前
術 後

III級叢生

53歳 女性
通常25ヶ月かかるところ、加速矯正により8ヶ月で治療終了。
使用装置 : インビザライン、ミニスクリュー、加速矯正治療
治療期間 : 8ヶ月

術 前
術 後

叢生

24歳 女性
通常45ヶ月かかるところ、加速矯正により13ヶ月で治療終了。
歯周組織が薄く前方への拡大ができないのでi-stationとのハイブリッドで治療を行い、歯列全体を遠心に拡大した。
使用装置 : インビザライン、i-station、加速矯正治療
治療期間 : 13ヶ月

術 前
術 後
もっと見る
閉じる

出っ歯・反っ歯

上顎前突

17歳 女性
本来26ヶ月の治療期間のところ、加速治療により10ヶ月で治療終了。
使用装置 : インビザライン、加速矯正治療
治療期間 : 10ヶ月

術 前
術 後

上顎前突・過蓋咬合・狭窄歯列・叢生

26歳 女性
歯槽骨が非常に薄い症例だが、PAOOという歯周骨造成法を組み合わせることにより小臼歯非抜歯で治療。
装置 : マルチブラケット、専門医連携治療
治療期間 : 2年

術 前
術 後

上顎前突・叢生

15歳 男性
本来34ヶ月を要する治療だが、加速矯正により9ヶ月で治療。
使用装置 : インビザライン、加速矯正治療
治療期間 : 9ヶ月

術 前
術 後

上顎前突・叢生

9歳 女性
成長期の叢生症例で、成長に合わせて歯列を発達させた症例。
使用装置 : マルチブラケット、GMD、Lip Bumper
治療期間 : 2年10ヶ月

術 前
術 後

上下顎前突

18歳 女性
Mini screwを上顎臼歯部に設置してインビザラインとオーソパルスで加速矯正を行なった。従来では18ヶ月かかるところを4ヶ月で治療終了。
使用装置 : インビザライン、Mini screw、オーソパルスによる加速矯正
治療期間 : 4ヶ月

術 前
術 後
もっと見る
閉じる

受け口

上顎重度の叢生

16歳 女性
使用装置 : GMD、Lip Bumper、マルチブラケット
治療期間 : 2年2ヶ月

術 前
術 後

開 咬

骨格性開咬

21歳 男性
大学病院で外科的矯正治療と診断されたケース。外科なし、スクリューなしで治療。
使用装置 : ヘッドギア、MEA、Lip Bumper、マルチブラケット
治療期間 : 2年1ヶ月

術 前
術 後

骨格性開咬+側方偏位

31歳 女性
他院で外科的矯正治療と診断されたケース。外科なし、スクリューなしで治療。
使用装置 : ヘッドギア、MEA、Lip Bumper、マルチブラケット
治療期間 : 1年9ヶ月

術 前
術 後
もっと見る
閉じる

連携治療

叢生、過蓋咬合、ガミースマイル、慢性歯周病

32歳 女性
慢性歯周病で過蓋咬合が悪化し、下顎前歯で上顎口蓋を噛んでしまうため矯正治療を希望。
上顎にアンカーを入れて前歯を圧下し、ガミースマイルを改善。
使用装置 : マルチブラケット、Lip Bumper、専門医連携治療
治療期間 : 3年11ヶ月

術 前
術 後

欠損歯を伴う上顎前突

43歳 女性
下顎左側臼歯部欠損があり、同部の上顎臼歯が過挺出しているため補綴処置ができない状態で補綴医から紹介。
下顎の歯槽骨が吸収しているためPAOOを施して拡大。上顎はTADを入れて咬合平面の傾斜を補正した。
矯正治療後、下顎左側臼歯部にインプラントを設置。
使用装置 : マルチブラケット、TAD、PAOO、専門医連携治療
治療期間 : 1年10ヶ月

術 前
術 後
もっと見る
閉じる