初診コンサルテーション

さぁ、キレイな歯ならびへ!

自分が治したいと思っているのはどこなのかを明確にし、疑問点や不安な所を解消するプロセスが初診コンサルテーション。
そのために3つのご相談方法をご用意しました。

来院でのコンサルテーション

office-consoffice-cons

来院して直接相談し
早く治療を開始したい方
はこちらへ

オフィスコンサルテーション

オンラインでのコンサルテーション

online-consoffice-cons

Zoomでコンサルテーション
を受けてみたい方
はこちらへ

オンラインコンサルテーション

web-consoffice-cons

メールで気軽に矯正専門ドクター
の意見を聞いてみたい方
はこちらへ

歯ならびWeb相談

他院ですでに治療を開始しており、疑問を感じている方、他に治療法はないかお探しの方は、セカンドオピニオンでご相談ください。

セカンドオピニオンについて

治療前のあらゆる疑問にお答えします。

日本矯正歯科学会認定医で、インビザライン公認クリニカルスピーカーのドクターと、
セミナー講師経験もあるトリートメントコーディネーターが、治療前のあらゆる疑問にお答えします。

費用及び所要時間

歯ならびWeb相談 ¥2,200(税込)
オンラインコンサルテーション(要予約) ¥5,500(税込) 
所要時間:約60分
オフィスコンサルテーション(要予約) ¥5,500(税込) 
所要時間:約60分
精密検査(要予約) ¥66,000(税込) 
所要時間:約30分
セカンドオピニオン(要予約) ¥9,900(税込) 
所要時間:約60分

オフィスコンサルテーション(¥5,500[税込])と精密検査(¥66,000[税込])を同時にされる場合、オフィスコンサルテーションが無料になります。
また所要時間は、追加30分程度(合計90分)で済みます。

関連Blog:初診コンサルテーションが有料なわけ

セカンドオピニオンについて

他院で既に治療を開始されている患者さんで、今受けておられる治療について疑問を持たれている、他の意見も聞いてみたいという患者さんはセカンドオピニオンをお申し込みください。また、セカンドオピニオンの対応は、ご来院いただくオフィスコンサルテーションのみとさせていただきます。
イースマイル国際矯正歯科では、臼歯の位置付けを中心としたサステイナブルな治療哲学に基づいた診断を行なっています。しかしこれが正解というわけではなく、多くある選択肢の一つとお考えください。

おとりする資料

口腔内状況に応じて必要な資料をおとりいたします。

お持ち頂きたいもの

  • 保険証
  • セカンドオピニオン料 9,900円(税込)
  • 他院での治療経過資料

ご注意いただきたいこと

セカンドオピニオンでは、初診時の資料や治療経過資料(レントゲン・写真・模型など)を現在かかっている医院から用意していただく必要があります。
必ず現在通院されている医院にセカンドオピニオンを受けることを了承を得て、資料を頂いてからお越しください。
了承が得られない場合、セカンドオピニオンをお受けできません。

イースマイル国際矯正歯科での治療を希望される場合、診断料として60,000円(税別)がかかりますが、セカンドオピニオン料の9,000円(税別)は差し引かれます。転医をお考えの方は診断料もご用意ください。エックス線診査も含めて詳しい資料が必要になる場合や、他院に提出する用の文書が必要となる場合、診査料および文書作成費として100,000円(税別)が別途必要になります。

セカンドオピニオンのご予約

イースマイルで治療をされる方へのお願い

1. タバコは吸わないでください。
タバコは歯の移動において非常に悪い影響を与えます。歯の移動は、歯根の周りの歯槽骨の吸収と添加によって行われますが、その時に血流が骨の栄養源として重要な働きをします。タバコを吸うと、この血流が悪くなり、骨の代謝がスムーズに行われなくなります。それゆえ、歯周病の原因ともなり、最近は全身疾患や循環器系疾患の原因にもなることもわかっています。矯正治療というのは健康になるために『変化する』ための治療です。イースマイルの患者さんには、あらゆる面で健康に害しか及ぼさないタバコをおやめいただいています。
2. 口の中の清潔な状態を保ってください。
矯正治療中、虫歯や歯周病にならないように、歯磨き(歯ブラシとフロス)をきちんとしてください。特にマウスピース型矯正装置の治療においては食べ物の残りが歯に残っていると、きちんとマウスピース型矯正装置をフィットさせることができず、正確な歯のコントロールができなくなります。イースマイルでは、治療開始前に衛生士が歯磨きチェックと歯磨き指導を行い、歯磨き率80%以上できるようになってから治療開始となります。
また、缶コーヒーやスポーツドリンクなどの、砂糖入りソフトドリンクの取りすぎは、歯垢を蓄積し、細菌繁殖の元になるのでお控えいただきます。
3. 指示通りに装置を使ってください。
マウスピース型矯正装置の治療は100%患者さんの協力に依存します。1日20時間以上、理想的には22時間以上、マウスピース型矯正装置およびゴムなどの補助装置の装着が必要です。学習塾や楽器やスポーツなどの習い事などと同じで、患者さん自身が努力していただくことで結果がついてくる、という治療です。
4. 装置が何もつかない、というわけではありません。
マウスピース型矯正装置の治療は、ワイヤー治療に比べてほとんど目立ちませんが、装置を全く歯につけなくて良いということではありません。マウスピース型矯正装置で精密に歯をコントロールするためには歯の表面にレジンの引っ掛かり(アタッチメント)をつける必要があります。これは患者さんごとに違う形や大きさのものがデザインされます。アタッチメント全体をマウスピース型矯正装置でしっかり覆うようにして、歯を3次元的にコントロールしていきます。

お申し込み方法

各メニューのご案内ページをご確認の上、当院のオンライン予約サイトにアクセスし、手続きをお願いします。
お申し込み方法の詳細はこちら

office-cons

来院して直接相談し
早く治療を開始したい方
はこちらへ

オフィスコンサルテーション

online-cons

Zoomでコンサルテーション
を受けてみたい方
はこちらへ

オンラインコンサルテーション

web-cons

メールで気軽に矯正専門ドクターの意見を聞いてみたい方
はこちらへ

歯ならびWeb相談

ご不明な点がございましたらお問い合わせください 0120-376-453

診療時間 
火水金 10:30-12:30 15:00-19:00 
土日祝 9:00-12:30 14:00-17:30